banner_title1.pngbanner_title2.pngbanner_title4.png

menu1_1_1.pngmenu1_1_1.pngmenu1_2_1.pngmenu1_2_1.pngmenu1_3_1.pngmenu1_3_1.pngmenu1_4_1.pngmenu1_4_1.pngmenu1_5_1.pngmenu1_5_1.pngmenu1_6_1.pngmenu1_6_1.pngmenu1_9_1.pngmenu1_9_1.pngmenu1_8_1.pngmenu1_8_1.png

top_film.jpg

headline_film.png

生きることを応援すること、
暮らしやすい地域社会を自らの手でつくること-

東北の小さな町からはじまった“懐かしくて新しい”活動の記録

私たちが暮らす日本では、毎年約3万人が自らその命を絶っています。残された家族や友人は自らを責め、悩み、ときに周囲からの偏見に苦しみます。こうした現状の中、秋田県にひとつの兆しを見つけました。日本で最も自殺率が高い地域だからこそ、先駆的な取り組みが行なわれていたのです。映画『希望のシグナル』は、自分たちならではの活動を続ける人たちを追いかけます。過疎化が進む地域のコミュニティを復活させたいと1杯100円のコーヒーサロンをはじめた袴田俊英さん(心といのちを考える会)。“中小企業の経営者を倒産ごときで死なせてたまるか!”とNPOを立ち上げた佐藤久男さん(NPO法人 蜘蛛の糸)。仙台市で自死遺族のための自助グループを運営する田中幸子さん(藍の会)。映画は、彼らが様々な人と出逢い、つながり、やがてそれが大きな流れへと至るまでを見つめます。

film_1.jpgfilm_2.jpgfilm_3.jpgfilm_4.jpg

地域の文化に根ざした映画を発信し続ける双子のフィルムメーカー“都鳥兄弟”の挑戦

兄・拓也と弟・伸也は1982年生まれ。岩手県北上市出身・在住の映画プロデューサーです。岩手県西和賀町の生命行政を追った『いのちの作法 沢内「生命行政」を継ぐものたち』(08)、盛岡市の児童虐待に迫った映画『葦牙あしかび こどもが拓く未来』(09)を企画・製作するほか、数多くのドキュメンタリー映画の上映会を開催してきました。そして本作ではじめて、伸也は監督、拓也はカメラマンとして、彼らならではのスタッフワークで命を支える活動を記録しました。

btn-pagetop.png

headline_2.png